スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック
  • 2019.04.23 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

超高汚染スポット 第 126 号病院の恐怖 - チェルノブイリツアー

こういうベビーベッドが一番悲しい

 

またまた、更新に時間がかかった。

こんなペースじゃ年に 4 回くらいしか書かない事になってしまう。

それは不本意な事だ。

 

近況としては、多分前回の記事で「年末年始に南極へ行く」って書いたと思うけれど、本当に南極へ行った。

南極線を越える以外、比較的オーソドックスなコースだったんだろうけれど、行きにくい極地って事でとても良い経験だった。

南極旅行について、言いたい事は山ほどある。

沿岸部だから、案外寒くない、ペンギンコロニーはとんでもない悪臭、ドレーク海峡ハンパないとか

そんなかなぁ

 

それと、今度の GW も旅に出ます。

行き先はやっと行けるぞナミビア。

自分が行きたい所である事と、10 連休という事でなるべく日本人が行かなそうな所という点で検討してここになった。

車運転しないからさ、ドライバー雇うのに結構高くついたわ。

あ、あと、経由するるヨハネスブルグではソウェトのタウンシップ申し込んだので、これも超楽しみ。

 

スケジュールを事前に書いてみました!

こちらからご確認ください。

GWナミビア 砂漠と廃墟旅

 

 

で、本編。

 

つぎは、有名なプリピャチ (Prypiat) 126 号病院 (Hospital No. 126)

その前にビルの倒壊現場をちょっと見た。

 

ビル倒壊現場

こんな感じでビルの老朽化は進んでいて、今観光客が入れている建物もいつか入れなくなるんだろう、

 

巻き添えくらっても一筆書いているし自己責任だからなぁ

 

途中で見かけたリンゴ。

普通に食えない。蓄積が怖い。

 

方々の葉っぱもよくよく見るとなんだか斑点あり。

 

 

病院 126 号

さて、病院 126 号。

 

ここは有名だから、日帰りツアーでも立ち寄るのかもしれない。
ビルが何棟も連なったかなり大きめの病院で、持ち出せなかったような大き目の医療器具や書物が残っていて、まぁそれらが見応えがある。

が、それらは表層的で、この病院のホントのやばさは地下にある。

地下については後述するので、まずは幾分退屈かもしれない「地上部分」から書いていく。

 

入り口付近

 

木が鬱蒼としているけれど、当時は綺麗に整備されていたんだろうね。

 

病院内。

我々はガイドをやっとそこさ追いかける事で、どんどん進んだ。

 

ここから潜入していきます。

 

一階部分は割と明るく歩きやすい。

 

病院内の講堂

 

病院の講堂って、講演でもするんかね?

 

宗教画みたいなレリーフが残る。

こういうのもプリピャチカフェと同じようにサブリミナルなのか?

 

舞台はちょっと高くなってる。

どんな講演だったのか、知る由もないけれど、眠くなるだろうなぁ

 

работники 労働者 第 126! ~~~ (なんとかかんとか)

ロシア語読めなくてもなんとなく。

薬局で見るマーク (左側) があるから、薬局?

 

廊下にベッド。

こういうのって誰かの愉快犯だね。

 

レントゲン室あるね。

 

これは赤ちゃんが生まれるときに妊婦が座るやつね。

 

手術室。

 

ここは有名だね、以前にも見たことあった。

 

分娩室か。

どうやらこの辺はここは産婦人科から歯科までなんでもそろう総合病院だったらしい。

 

ベビーベッド

 

湯たんぽ?

寒い日にお湯入れて温めてた?

生活が垣間見られる一品って感じ。

 # 湯たんぽじゃなかったらどうしよう。。。

 

ベッドが見事に並んでる。

このエリア、子供向けのものはいつも切ないね。

 

多分、別のフロア。

 

洗濯室?

 

浴室?

 

書斎みたいな部屋。

奥の植木は不自然だな。

最近誰かがあそこに置いたのか。

 

こんな部屋にベッドが一つしかない。

個室っていう解釈でいいのか。

 

本棚に大量の本が残っていて興味深いんだけれど、埃とか砂とか汚染等、怖くて触れない。

 

なんの部屋かわからんけれど、タイルから水回りの何かだったと思う。

 

椅子は椅子なんだが、右側から伸びた棒はなんだろうな。

 

 

出口付近のヤバイやつ

 

出口付近だったかな。

 

出入口の台の上にある黒くなった布切れにガイドがガイガーカウンターをかざす。

 

144.2 マイクロシーベルトとある。

チェルノブイリ四号炉前が一時間あたり、5.6 マイクロシーベルトだったから、かなり高い汚染だ。

 

なんでこの布切れがこんなに汚れているのかと言えば、消火活動を行った消防士の衣類の一部だから。

 

257 の記事の振り替えりになるけれど、この病院は地下室は凄く恐ろしい事になっている。今でも。

 

病院地下について

チェルノブイリで消火活動を行った消防士達は、被曝した後この病院の地下に運び込まれたらしい。
なので、地下には原子力発電所事故当時の消防士の衣類や消火器が大量に残っている。


地下階自体は、一時間あたり 500〜700 uSv (マイクロシーベルト) くらいで、消防士達の衣類にガイガーカウンターをかざすと一時間あたり 1700 uSv (マイクロシーベルト)。

 

自分達のツアーは 126 号病院には立ち入ったけれど、もちろん地下には行っていない。
仕方ないので、地下に行った動画が YouTube に転がっているのでいくつかご紹介。

 

まず、これ。
もっとも放射能汚染されている場所リストの動画。(汚染の度合いをバナナで表現)
日本の福島も訪問している。
チェルノブイリ四号炉前が一時間あたり、5.6 マイクロシーベルト、福島の制限区域が一時間あたり 10 マイクロシーベルトって事で、なんだ今となっては、四号炉の前に立つより、福島県の制限区域に行く方が被曝するんだなっていうね。

The Most Radioactive Places on Earth
ってか、どうでもいいんですが、この動画にコメント欄に「彼は世界で一番大きなバナナ園に行くべきだった」っていうのがあって、にやにやしちゃいます。

 

Highly CONTAMINATED Basement of Hospital 126 / Pripyat

普通に地下に訪れて線量調べる動画。長靴やら衣類やら。

鳴りっぱなしで怖い。

Radioactive cellars/basements of hospital in Pripyat (subtitles)

こっちのは同じく地下訪問の動画。

ロシア語かウクライナ語。

犬は野犬かね


Припять с МШ 2014 #4. МедСанЧасть 126. Жуткий подвал ¥ Hospital 126. Horrifying basement

この人も病院行ったついでに地下に立ち寄ってる。

地下以外に地上階も収録されている点がいいね。

 

Припять с МШ 2014 #5 Припятский грузовой порт ¥ Pripyat River Cargo Port

一つ上 #4 の続きの動画なんだけど、この人勝手に線路上がったり、廃村訪れたりやりたい放題。

YouTube の悪ふざけの類か。
無許可なのかなぁ 許可取っているとしたらどうやって?同じことが自分にも出来るんだろうか?

 

chernobyl 2013: the hospital basement with highly contaminated clothes
これも同様に地下訪問の動画を出しているんだけれど、このチャンネルはチェルノブイリ関連で沢山レアな動画を出していて見応えがある。

 

病院地下で起こった重大事案


この地下について、おそらく 2015 年に物議を醸しだす動画がアップされた。

自転車乗りとガイドと思われる女性が地下に軽装備でやってきて、ガイドが制止するなか、なんと地下を自転車で滑走するという動画。

「戻ってきて、酷い病気になる、死ぬから、そんな事止めて、戻ってきて、私は本気です」って呼び掛けているのに構わず奥まで歩いて行って自転車に乗って現れるっていうね。

 

Cyclists sneaking in the radioactive Pripyat Hospital 126 at the dead of night

前は YouTube に動画がアップされていたのに消されたのかな?

 

上の URL :chernobyl 2013: the hospital basement with highly contaminated clothes の主: bionerd23 がかつて投稿していたものが転載されている状況と思われる。(いつ消えるかわからないから早めにみるべし)

この動画は YouiTube 状で当時投稿欄でまあまあ怒りを買ってた。

この悪ふざけの結果、病院の地下に通じる階段は粘土で塞がれてしまったという。

その地下に行く階段が塞がれた動画もアップされていたけれど、見当たらなくなった。

 

自分もこの自転車を乗り回す動画と地下へ降りる階段が塞がれた後の動作を観て、

参加したツアーのツアー会社にメールで見せてきてみた。

取り合えず、クレイジーにもほどがあるとか言ってたな。

一方で、「地下には本当に行けなくなったのか?」っていう質問について、ツアー会社によると「確かに粘土で行けなくなったけれど、秘密の入り口があって、そこからいまでも潜入可能よ」っていう親切と言っていいのか、正直な回答をいただいた。

もし、自分が行く場合には完全なオプション扱いで特殊な装備を付けてもらうらしい。

 

値段は聞いていないし、もうツアー会社とのやり取りから 3 年以上経過しているから、状況は変わっている可能性もある。

地下に行ってみたいもの好きは聞いてみたらいいかも。

Duga-3 に登る事も含めてプライベートで贅沢にアレンジした内容で行ってみたい。

 

サムネイル対策用

 

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック
  • 2019.04.23 Tuesday
  • -
  • 05:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

ブログランキング参加中

日本ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

人気ブログランキング


selected entries

categories

archives

recent comment

  • 九龍城砦と啓徳空港跡を見に行く - 香港
    しげきち (07/18)
  • 九龍城砦と啓徳空港跡を見に行く - 香港
    たまご (07/18)
  • チェルノブイリで暮らす農家を訪問 - チェルノブイリツアー
    しげきち (06/19)
  • チェルノブイリで暮らす農家を訪問 - チェルノブイリツアー
    まー坊 (06/18)
  • フィゲラスのダリ美術館 - 再びスペインへ
    しげきち (03/04)
  • フィゲラスのダリ美術館 - 再びスペインへ
    ダリ美術館 (03/04)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    しげきち (03/04)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    タフイツ (03/03)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    しげきち (03/01)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    タフイツ (03/01)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM