スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック
  • 2019.04.23 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

プリピャチにだって牢屋はある (警察署) - チェルノブイリツア -

警察署には牢屋が。

 

恒例の近況から。

明日 12/19 夜のフライトで、ようやく海外です。

どこにいくのかと言えば、年末年始がシーズンでお金が結構かかる所。

 

はい、南極です。

 

方々の旅ブログは結構チェックしてる。

ウシュアイアからラストミニッツの叩き売りのやつなら 4000USD くらいで行けるんだろうけれど、それが出来るのは、スケジュールに余裕がある定職についていないバックパッカーだけなはずだ。

いつ、取れるかわからないラストミニッツをウシュアイアで延々と待つ事なんて、定職を持っていたら不可能。(少なくとも日本の企業ならば)

 

いやー高かった。金が。

キリスト教圏ではクリスマス休暇突入だからタイミング的には一番値段が高いだろうな。

それに、自分はどっか過去にみたブログと同様に南極大陸に行くだけじゃなく、南極線 (Antarctic Circle) を越えて、定義上の南極に行く事にこだわったので、その分値段も高めだ。

下世話な話、ウシュアイアまでのフライト入れてざっと三桁行ってるし、さすがにきっつい。

 

でもね、

会社員という立場を崩さす、

カレンダーの並びにブリッジ休暇を入れて効果が一番望める年末年始で、

立場的に前よりもその許可が下りそうで、

行くだけの資金もあり、

タイミング的に今年を逃したら向こう十年単位で行けなさそうだ。

 

なので、今回行く事にした。

土壇場でウシュアイアまでフライト遅延でたどり着けなかったらどうしよう?とか変な事がいろいろ不安。

また、自分にとって南極に行く装備とかイメージ湧かなくて、(ちゃんと持って行くべきものリストはあるけど) 服とか結構スーツケース一杯に詰め込んじゃって、これも正直入れすぎなのか、なんか肝心なの忘れてないかとか、いろいろ心配。 

 

いつも通り、スケジュールを事前に書いてみたので、どんな旅程か気になる人は見てみてください。

年末年始 会社員が南極へ行く旅

 

 

本編。

 

 

プリピャチの警察署

 

当たり前だけど、プリピャチは街なので警察がいるし、警察署もあった。
全然予備知識無く訪問したけれども、いわゆる牢屋が建物内にあって印象的だった。

法律がまるで違うだろうからこの牢屋が刑務所なのか留置場なのか拘置所なのか、その他なのかよくわからん。

 

警察署正面。

ここから入ります。

 

以下サイトでこの警察署の事をよく説明している他、警察署に勤めていた元警官の証言の動画が埋めこまれてるのでオススメ。

事故の日の様子とか語ってる。

 

Pripyat Police Station - Crime and Punishment in a model Soviet city

 

説明を読むと、牢屋には他の街から囚人が連れてこられて収監されていたらしい。

そもそも、このプリピャチのような「模範的」な街に分かりやすい犯罪があったのかな?って皮肉交じりにも思ったりしたけれど、他の街から連れてこられたのなら、なるほどって思ってしまう。

 

街の模型。半立体の地図。

Pripyat police station でググってみると、当時の写真がよく出てくる。

 

初めに見た牢屋。

格子がしっかりしてるし、後から見るとこの部屋は他に比べて小綺麗。

 

ここの牢屋には尋問部屋も備えられているっぽい。

具体的にどの部屋だったのかは判別できなかったけれど。

もしかして、これかね?

 

ドアにこびりついた粘土のような白いものは一体。。。

消火器の中身?

 

張り紙の一部。

警察のマークらしきものが残っていたので撮った。

 

この暗いエリアが牢屋。

もうね、暗すぎて、怖いし進むのをためらうレベル。

カメラのフラッシュを頼りにしたけれど、登山用のヘッドライト持ってくればよかったわ。

 

フラッシュ焚くと分厚いドアと格子が。

 

・・・?

・・・この部屋は汚いな。

当時もこんなに汚かったのかね?

右上のトイレらしきものが見えるけれど、あの感じだと途上国のぼっとん便所並みだ。

こんな所に入れられたくないね。

人権も相当怪しそうだし。

 

この鉄のドアのあたりの部屋はおおむね中がコンクリのみの質素な造り。

 

さっきの部屋に比べれば清潔な感じだけど、剥き出しのコンクリが寒々としてる。

獄中生活は過酷だっただろうなぁって思う。

 

いやぁ本当に真っ暗なんだ。

なんか出そうなレベル。

夜一人で来るのは嫌だな。

 

奥まで行くと反対側から光が差し込んでた。

ちょっと安心感アリ。

 

この部屋には部屋の隅にわかりやすいトイレが。

トイレの形状的に和式みたいにしゃがむのかな。

 

所感

 

牢屋を見えて思ったのは、とても居心地悪そうな上にトイレらしきものがとんでもなくみすぼらしい事。
こんな所に閉じ込められていたら、寒くてそれだけで死にそうだ。
 

あと、きっと倒壊の危険があるからだと思うんだけれど、ここの建物には地下があって、その地下には射撃場があったらしい。

僕らは地下に行く事は出来なかったね、残念ながら。

 

 

サムネイル用

 

 

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック
  • 2019.04.23 Tuesday
  • -
  • 00:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

ブログランキング参加中

日本ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

人気ブログランキング


selected entries

categories

archives

recent comment

  • 九龍城砦と啓徳空港跡を見に行く - 香港
    しげきち (07/18)
  • 九龍城砦と啓徳空港跡を見に行く - 香港
    たまご (07/18)
  • チェルノブイリで暮らす農家を訪問 - チェルノブイリツアー
    しげきち (06/19)
  • チェルノブイリで暮らす農家を訪問 - チェルノブイリツアー
    まー坊 (06/18)
  • フィゲラスのダリ美術館 - 再びスペインへ
    しげきち (03/04)
  • フィゲラスのダリ美術館 - 再びスペインへ
    ダリ美術館 (03/04)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    しげきち (03/04)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    タフイツ (03/03)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    しげきち (03/01)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    タフイツ (03/01)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM