ウクライナ土産に最適なチョコレートをご紹介

リヴィウ・ハンドメイド・チョコレート オデッサ店 (店内にカフェも併設)

 

 

近況ですが、今回の年末年始は ”あの” 治安が最悪と言われるベネズエラへ行く事にしました。

いつもならすでに几帳面過ぎる旅程を作成して公開している頃ですが、ちょっと一箇所確定しない所があって、公開できずにいます。

確定したら別途公開します。

 12/18 04:01 追記:旅程確定、および公開しました!

 

 

さて、

今回はウクライナ土産に最適なチョコレート店:リヴィウ・ハンドメイド・チョコレート の事をメインで書きます。

 

リヴィウ・ハンドメイド・チョコレートはウクライナ各地にございます。

ウクライナへお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

 

中央駅周辺からデリバソフスカヤ通りまで

まず、アルカーディアからトラムでオデッサ中央駅の駅前まで帰ってきた所から。

 


前回書いた内容と同じだけど、オデッサ中央駅駅前はとても賑やか。

 


自分が滞在しているデリバソフスカヤ通り (Vul Derybasivska) 周辺もにぎやかといえばにぎやかだけど、そっちはおしゃれで上品な感じ。

 


オデッサ中央駅の辺りはもっと路上駐車だらけだし、ゴミも多い。

 


ごみごみしていている中央駅の辺りの雰囲気は、こっちの方が庶民的なウクライナの様子って気がする。

 

この辺りからホテルがあるデリバソフスカヤ通りまで帰る必要があるわけだけど、行きと同じ番号のバスを見つける事が出来ず、若干困る。

道が一方通行だらけだから来た道と同じ道を同じバスが走っているわけじゃないみたい。

しばらく歩きながら探したけれど、見つからないので、人に聞くのも面倒で、復路は歩いて帰る事にした。

 

そもそもコンパスは持っているのだから真北へ進めばデリバソフスカヤ通りへ出るし、ロンプラの地図で見る限り、デリバソフスカヤ通りまで 1.5 キロくらいなので普通に歩けるじゃん。

 

そう思って北へ向かって歩く。

 

Staro-Bazarnyskvsr っていう、ちょっとした公園。

 

その公園の北側には Pl Hretska っていう広場がある。

グラウンドがあって、ちょうどフットサルやってた。

 

作家イヴァン・フランコー (Іван Франко) の像

いや、知らなかった人です。

後からネットで知りました。

 

Pl Hretska は真ん中にお店が広がるエリアがあって、広場の真ん中をずっと歩く事が出来ない。

 

リヴィウ・ハンドメイド・チョコレート

20 分くらいかね?駅前から北へ歩いて、見慣れた風景。

デリバソフスカヤ通りまで帰ってきた。

 

そんなデリバソフスカヤ通りにあるリヴィウ・ハンドメイドチョコレートのオデッサ店。

Lviv Handmade chocolate cafe は、カフェが併設されたチョコレート専門店だ。

ウクライナのお土産はこのチョコレートがおすすめ。

 


今回の旅へ出る前の話だけど、人気があると思われるロシア人のユーチューバー:あしあ さんの動画に、友人のウクライナ人:ナスチャ さんが出てきて、ウクライナのお土産としてチョコレートを披露していたので、そこで知った。
ってかね、二人とも日本語上手いね。


あしあ は YouTube でロシア語講座をやっているので、今年は極東ロシアと今回のウクライナとトルクメニスタンと、ロシア語圏へ立て続けに行く事が決まったときから見始めた。英語通じないって言うし。
あしあは、ロシア語以外にもロシアの文化とか、ロシア人からみた日本の事とか動画で紹介していて、とても為になる。

お金かからないしね。

この動画で興味深いのはウクライナとロシアの国と個人の関係性の違いの所。

ああ、やっぱりそうだよねって思った。
ってか、あしあは、もはや日本におけるロシア親善大使だろー

 

で、せっかくウクライナへ来たのだから、是非そのチョコレートを買いたいと思ってた。
ネットでウクライナのチョコレートについて調べたらすぐ出てきた。
リヴィウ・ハンドメイド・チョコレート Lviv Handmade Chocolate だ。

 


ちなみに、このお店、ウクライナ語では、"Львівська Майстерня Шоколаду" という名前らしいんだけど、なんか英語と随分文字が違うような気がしたので、単語を一つずつ調べてみた。


Львівська が、"リヴィウ"
Майстерня が、"ワークショップ"
Шоколаду が、"チョコレート"

 

というわけで、
ウクライナ語は "リヴィウ"・ワークショップ・チョコレート" となっており、英語の Lviv Handmade Chocolate とほぼ同じ意味とわかって一人納得。

 

このリヴィウ・ハンドメイド・チョコレートは、主にウクライナ国内に店があって、例えばリヴィウは当然として、首都のキエフにもあるし、国外ならアゼルバイジャンのバクーにもあるみたい。

アゼルバイジャンはイスラムだから、サウジアラビアみたいに甘党が多そう。

 

ここの肝心のチョコレートはこんな風に沢山種類があって、量り売りとかじゃなくて、大体が一個いくら〜みたいにバラで売ってる。

チョコレートを買うと上の方で紹介した動画みたいに格子状の敷居がついた箱等に入れてテイクアウト出来る。

 

自分も 10 個程、買ってみた。。。っていうのは嘘。(えーなにそれ?)

 

お土産として、すごくすごくすごく 買いたかったのは本当なんだけど、今回の旅はこれからチェルノブイリに行くし、その後はトルクメニスタンへ行くわけで、ずっと溶けずに日本までもって帰る自信がまったくなかったから、泣く泣く諦めたのだ。

トルクメニスタンは灼熱の暑さだしさ。

それに、こんな高級なチョコレートは防腐剤なんて使っていなさそうだから、日持ちすると思えない。

2 個ほどバラで買って食べてみただけ。

でも、すげー美味しかった。

 

ま、このチョコレート屋は前述の通りカフェが二階や軒先にあって、そこでもチョコレートを食べる事が出来るので、"店内ご利用"  って事でよしとする。

 

そもそも、もうあんま時間無いし。

この後、またキエフへフライトで戻るわけで。

 

そんなわけで「店内ご利用のお客様」になった自分でした。

ここが二階の様子。

 

オーダーしたもの。

 

チョコレートケーキと溶けたチョコレートの飲み物。

チョコレートとチョコレートっていう甘党以外は地獄のようなメニューだ。

実は、溶けたチョコレートの飲み物は、メニューに Melted chocolate って書いてあったので、勝手にああ、これはココアだなぁって思い込んで頼んだものだ。

 

なので、チョコレートが溶けたものが普通に出てきて普通にビックリ。

さらに言えば、この溶けたチョコレートは飲み物というより、食べ物に近い気がした。

スプーンですくって食べるし。

そういえば、この組み合わせで店員さんに頼んだ時、飲み物は?って聞かれた理由がやっとわかったわ。

「え?ちょっと意味わかんないです」とか言わなきゃよかった。

 

気を利かせたのか、お冷が付いてきたのがありがたい。

これが無かったら、チョコレート食べながらチョコレートケーキを食べる羽目になっていたから、自分ですら辛かったかも。

 

お水が甘過ぎるチョコレートを緩和していて、どうにかこのお店のチョコレートのコクを味わうことが出来た。

しっかりカカオの味がして上品な感じだ。

 

ロシアのチョコレートといえば、鳥のミルク (птичье молоко / птaшине молоко) っていう有名なチョコレートがある。

鳥は哺乳類じゃないからミルクなんて無いので、"鳥のミルク" っていうのはこの世には存在しないものの例えで、それくらい超絶に美味しいっていう意味らしい。

だけど、実際、極東ロシアで鳥のミルク (板チョコタイプとスフレをコーティングしたタイプ) を買ってきて日本で食べた感じ、あまり美味しくなかった。

柑橘系の味がチョコにブレンドされていて、それが自分としては微妙だった。

日本のコンビニで売ってる森永とかの板チョコの方がずっと美味しいじゃんって思う。

 

でも、ロシア界隈では、鳥のミルクを美味しく食べられているのだから、きっと日本とは味覚が違うんだって思っていたけれど、ここのリヴィウ・ハンドメイド・チョコレートに関しては日本人の自分でも違和感無く美味しいと思えたので、味覚もそんなに違わないのかなって改めて思ったりもした。

じゃあ、ロシア人やウクライナ人が鳥のミルクとリヴィウ・ハンドメイド・チョコレートのチョコを食べ比べたら、どっちが美味しいと思えるんだろう?っていう新たな疑問も沸いてくる。

 

最後に、チョコレートケーキと溶けたチョコレートの飲み物のレシート。

あんなに高級そうなお菓子なのに 74 UAH という驚きの安さ。

300 円くらいじゃん。

マジで物価安い。

 

ウクライナ、行き時だろー

 

 

次回はモーター・シッチ・エアラインズの紹介です。

 

サムネイル用

 

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック
  • 2018.07.12 Thursday
  • -
  • 01:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

ブログランキング参加中

日本ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

人気ブログランキング


selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM