スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック
  • 2019.04.23 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

イタリア編24. バーリからフランスのニースへ無茶な1日移動 - イタリア編最終回

実際のイタリアの順路
当初の予定は以下イタリア編1.を確認してほしい。

イタリア編1. ミラノ到着。今後プランニング


-----昨日、アルベロベッロへ行く前にバーリ中央駅で電車のチケットを買った。
内容は早朝 06:49 にバーリからミラノまで 9760 ES で戻り、ミラノからフランスのニース行きの電車 159 EC に乗り換えて 20:12 分に到着するというものだった。


2013 年現在はミラノからフランスのニースへ行く場合、VENTIMIGLIA という駅で乗り換えが発生するようだけど、この 2009 年時点では、ミラノからフランスのニースまで乗り換えなしで行くことが出来ていた。


ただし、問題はバーリからミラノまで直行で 7 時間 53分かかる事、
15時頃ミラノ到着後、ニース行きにちゃんと連絡できるかという不安、
万が一電車が遅れるとミラノ発ニース行きに乗り遅れてしまう。(乗り継ぎ時間の長さは忘れたけど、相当短い時間だったはず。)
そして、ミラノからニースまでがさらに 5 時間かかる事、

つまり、
早朝の出発なのに目的地到着時間は夜になってる。いささか時間がかかり過ぎてる。
さすがに飛行機が無いか調べてもローマ経由の激烈に高い航空券しかヒットせず、ますます現実的ではなくなってしまう。
だから、無謀でもなんでも鉄道で行くしかない。
ミラノで安全を取って 1 日滞在するというのもあるけど、ご存知の通り、自分のイタリア観光の始まりはミラノからだったので、この都市にいまさら用はないのだ。


だから、だから、だから、
移動で 12 時間かかっても、一日中鉄道で移動するしかない。
一刻も早く南フランスへ抜けるべきだ。
よくよく考えればインドなら 12 時間の鉄道移動なんて全然普通じゃないか。

 


早朝の便なので、朝4時起き。ほとんど寝る時間が無かった。朝食を作らないと。


昨日の内にスーパーでフランスパンとサラダとハムを買って、フランスパンに切れ目を入れてサラダの野菜とハムをはさむ。
結構なボリュームだけど、もさもさして途中で飽きる味・・・ってかそもそも全然美味しくない。
買ったサラダの内容がルッコラやら水菜?みたいな菜っ葉系で、パンとそんなに相性が良くない。
レタスなんて入ってない。


それでも、これで朝食用と昼食用とする。
夜までお腹をすかせず持ちこたえる必要がある。


もし、このメニューでなければ、マクドナルドかバーガーキングのハンバーガーを買っておくという悲しい選択肢が待ってる。


この日記は過去の事を書いているけれど、僕はこの長旅のせいで、いまだにハンバーガーショップが好きじゃない状態だ。
あまりにもハンバーガーを食べ過ぎたせい。
今でも、もし 600 円で吉野家やマクドナルドに行けと言われたら、100 パーセント吉野家に行くだろう。

 


電車は右手にアドリア海を見ながら北上する。
とても良い景色なんだけど、今日一日の長すぎる電車移動と乗り継ぎ時間の短さで不安で仕方が無い。
この電車が少しでも遅れたらアウトだ。。。


って思ったら、やはり・・・というか、イタリアの電車は予想通り、遅れまくったのだった・・・
もし、ミラノからニース行きの電車に乗れなかったら、ホステルの予約が無駄になり、ミラノでホテル探しをする必要がある。
ニース行きも1日遅れ、いろいろ計画が狂ってしまう。


電車が1時間程度遅れたため、もはや頭痛が酷くなり、ミラノからニース行きには乗れないだろうと絶望した。


だいたい 8 時間 53分後、懐かしいミラノ到着。
懐かしがっている暇は無く、電光掲示板の時刻表を見る・・・・ん?


あれ?


自分が乗るべきニース行きの電車 159 EC がまだ発車してない!
本来ならとっくに発車している時間なのに・・・


これはラッキー!
僕はナポリより50倍はわかりやすいミラノ駅の案内版でニース行きを確認し、飛び乗った。


なんでニース行きの電車 159 ECはまだ発車していなかったんだろうか・・・
謎だ。。。


仮説を立てると、


・たまたま
・159 EC と 9760 ES は連絡していて、9760 ES が到着するまで、159 EC は発車できなかった
・どちらの電車も何らかの同じ要因で遅延していた


などか。


すっかり外が暗くなった状態でようやくフランスに入る。
時々停まる駅ではアナウンスが懐かしいフランス語に変わってる。
やっぱり、、、フランス語の語感ってフワフワしていて美しい。
そして、、、あの懐かしい、SNCF のアナウンスの音、、、涙が出そうだ。


夜9時半頃、ニースに到着。
もうね。。。疲れ果てたけど、久しぶりのフランスって事でわくわくしてきた。
しかも、ここは垢抜けた南仏のリゾート都市だ。
メンタル、フィジカルともにどっと疲れた。
明日からが楽しみだ。


- 次回
南フランス編のはじまり

---


さて、イタリア編が終了したので、イタリア編をまとめる。
イタリア編は、最後の晩餐、ウフィッツィ美術館、ピサの斜塔、ボルゲーゼ美術館等、入場が若干難しい所もスムーズに行けて、途中までは絶好調だったけれど、ナポリ以降がまずかった。
青の洞窟の失敗、アマルフィの失敗など。

この事から青の洞窟とアマルフィはいつか改めてリベンジしたいと思う。
イタリアは他にも無数に世界遺産がある、というより、主要都市がほとんど世界遺産になってるといえるくらい世界遺産だらけなのだけど、上述の点でそれよりもナポリはもう一回行きたい。
また、アマルフィと方向性は似ているけれど、ジェノバからチンクエ・テッレへも是非行きたいと思う。


まぁ後は全体的に駆け足だったのは仕方ない事だ。
いつかアマルフィ+マルタ等で旅行できれば良いなと思う。
バーリからクロアチアのドブロブニクへ船で行ってみたいと思う。


あと、ラファエロやダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ベルニーニ等、挙げればきりが無いけれど画家の作品にはいちいち圧倒された。
美術の教科書にすら出てくるような超有名絵画、彫刻を生で観る事が出来た事もとても良かった。





イタリアの写真集はこちらをご覧ください。

- 使い方
画面右の矢印(next)をクリックすると、次の写真が表示されます。
画面したのAuto Playをクリックするとスライドショーとなります。



JUGEMテーマ:海外旅行 総合

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック
  • 2019.04.23 Tuesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

ブログランキング参加中

日本ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

人気ブログランキング


selected entries

categories

archives

recent comment

  • 九龍城砦と啓徳空港跡を見に行く - 香港
    しげきち (07/18)
  • 九龍城砦と啓徳空港跡を見に行く - 香港
    たまご (07/18)
  • チェルノブイリで暮らす農家を訪問 - チェルノブイリツアー
    しげきち (06/19)
  • チェルノブイリで暮らす農家を訪問 - チェルノブイリツアー
    まー坊 (06/18)
  • フィゲラスのダリ美術館 - 再びスペインへ
    しげきち (03/04)
  • フィゲラスのダリ美術館 - 再びスペインへ
    ダリ美術館 (03/04)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    しげきち (03/04)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    タフイツ (03/03)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    しげきち (03/01)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    タフイツ (03/01)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM