スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック
  • 2019.04.23 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

イタリア編22. アマルフィ、お前もか

今日はなにもかもまったく噛み合わなかった。
あんまりにも酷いので、日記にでも書かないとやってられない。
ってわけでこの日記はその日ホステルに帰ってリアルな時間に書いた。

自分は基本的に旅先で旅行記を更新するようなことはしない。
極力ネットすら使わない。
そんな時間があるのなら観光しないと損だと思ってるから。

---

朝9時過ぎにガイド本に載っていた青の洞窟の担当窓口へ電話した。
昨日は青の洞窟に入れなかったから、もし、今日開いているのならもう一度カプリ島へ行きたいと思ったから。
でも・・・誰も電話に出なかった。

ただ、今日は風が強いので、多分無理だろうという事でホテルの人や周りの人との見解が一致した。
しかたなく・・・というか、もともとそういう予定だったんだけどアマルフィ海岸へ行ってみる事にした。

その前にナポリ中央駅で明日早朝のバーリ行きのバスチケットを購入。

アマルフィへの行き方は FS 線でサレルノまで行って、そこからバスに乗るらしい。
中央駅でサレルノまで行くための列車のチケットを買うために行列に並ぶと、なぜか自分のラインだけ進行が遅い。

ようやく自分の番になったと思ったら、サレルノ行きのチケットなら向こうのタバッキで買ってくれと言われてしまう。
タバッキでまた行列に並んでチケットを購入し、電光掲示板を見ると、サレルノ行きが見つからない。
駅員さんに調べてもらうと、なんと10分前に出た所で、次の列車まで1時間半待ちなのが分かった。

この長い待ち時間を利用して駅構内のツーリストインフォメーションに行って、青の洞窟は今日も開いてないのか念のため聞いてみると、
担当者は電話で確認してくれた。

すると、なんということか「今日は開いている」との事。
えええっ!?

アマルフィ行きを取りやめ、急遽トラムで港まで移動。


トラムの駅から港へ歩く。

それにしても本当に開いているんだろうか?


気になったのでフェリーに乗る前にもう一度、今度は自分で公衆電話から青の洞窟の担当窓口へ電話してみた。

なーぜかわからないんだけど、
「カゼガツヨクテ、ナミガタカイ、クローズ」と、日本語で返されてしまった。

ええええ!?
なんだか混乱してきた。
なぜか日本語、なぜか言ってることが違う。

でも、そういうのならば仕方ない。
やっぱりカプリ島行きは諦めて、もう一度トラムに乗ってナポリ中央駅へ移動。
電光掲示板に発車10分前のサレルノ行きを確認。
しかし、プラットフォームが空欄。
到着が遅れててプラットホームは決まっていないのかな?と解釈し、
しばらく電光掲示板を見ると、発車時刻の11時半にサレルノ行きの列車は電光掲示板から消えてしまう。
どうやら予定通り出発してしまったらしい。

気を取り直して次の列車を時刻票から確認し、さらにそのプラットホームを確認すると、
12時半の列車があって、プラットホームは2番線となっていた。

マクドナルドに入って昼ご飯をたべて電光掲示板前に移動。
発車10分前のサレルノ行きを確認。しかし、またもやプラットホームが空欄。
とりあえず、時刻票の通り凄く遠い2番線まで走って止まってる列車の運転手にサレルノ行きか聞いてみると、
違う。サレルノ行きは地下だと言われてしまう。

地下にいって唯一止まっている列車の乗客にこれはサレルノ行きか聞いてみると、
違うと言われてしまう。
よくよく考えてみると、地下の列車は地下鉄じゃん。。。

電光掲示板前に戻って駅員に聞いてみると、今度はサレルノ行きは22番線だと言う。
22番線に移動して駅員にこれはサレルノ行きか聞いてみると、
サレルノ行きは24番線との事。
走って24番線に移動。
すると、今まさに発車した列車を見送るタイミングだった。

大汗かきつつはぁはぁ息切れしながら電光掲示板を確認。
次のサレルノ行きは13時13分で、今度はちゃんと24番線と書かれていた。

13時13分にようやくサレルノ行きの列車に乗ることが出来て、
サレルノに到着したのが14時前。

バスのチケットオフィスでアマルフィ行きのチケットを購入。
バス停の場所を聞くと、頻繁に複数のバスが離発着するバス停を教えてもらった。
聞くと次のバスは14時ぴったりだという。
バス停で到着するバスの運転手にかたっぱしからアマルフィ行きか聞いてみるが、
どの運転手も首を縦にふらない。
そうこうしてるうちに14時5分。
バスのチケットオフィスに戻ってバスが来ない、バスナンバーは何番なのか聞いてみると、
14時10分頃に到着するんじゃないかと。また、アマルフィ行きはバスの正面にアマルフィ行きって書いてある事。

もう一度バス停に戻ってひたすらバスの正面にアマルフィ行きって書いてあるバスを待った。
14時半になってもバスが来ない。
あーもうわかんない。
駅前にはツーリストインフォメーションがあるけど、冬のせいか閉まってるし。。。


チケットオフィスに戻ってバスが来ない、バスに乗遅れたんじゃないか?
また、時刻票を貰いないか聞いてみるが、
はぁっとため息をついたオフィスのおばちゃん曰く、きっと渋滞で遅れているんだろうとの事。
また、時刻票も無いとの返答。


。。。いくら待ってもそんなバスは来なかった。
すでに時間は15時20分。
仮にこの後すぐにアマルフィ行きのバスに乗れたとしても、到着する頃にはすでに夕方になってしまう。

チケットオフィスに戻ってキレるおばちゃんにバスが来ない、チケットのキャンセルを希望。
チケットの代わりに投げ返される3ユーロ。
そのお金で再び列車のチケットを購入。
列車の電光掲示板を見ると15時45分発の列車があったが、30分遅れだった。

それから25分後にホームが4番線と表示されたため、4番線に掛け上がる。
しかし、4番線に止まっていたのは、ナポリ行きではなかった。
5番線の列車の前にいた駅員に聞いてみると、
ナポリ行きはこれ、と、なぜか5番線に止まってる列車を指した。
よくわからないまま列車に乗ってナポリに着いたのが16時5分。


何もやる気になれず、ホテルに直行。
このときの疲れかたときたら・・・察してください。
---


くやしい。情けない。
青の洞窟のみならず、アマルフィにも行けなかった。。。
なんてこった。

ナポリは、、、めちゃくちゃだ。。。
誰もが言ってる事がバラバラ、時刻表もまったくデタラメ。

意気消沈。
でもおなかは減ってる。


今日はまた違うピザ屋に行った。
ホステルのある、いわくつきのナポリ駅前から徒歩でスパッカ・ナポリを南下。

ダ・ミケーレ (Da Michele) というピッツェリアだ。
ごらんの通り大理石テーブルと製法を130年以上変えていない頑固な老舗として有名らしい。


これがこの店のピザ。
味は・・・・正直ブランディのピザの方がよほど美味しい。
イタリアで食べたピザは、このナポリブランディのピザとミラノのスポンティーニの2つが最高だった。


食べながら思う。
今になって思えば、たとえ冬であっても青の洞窟が開いているかどうかは、実際に洞窟の前まで行って確かめるしかなさそうだ。
誰の意見も聞き入れず、洞窟の前まで言って、船頭さんに確認するしかない。
また、本気で入りたいのなら、なるべく入れた率が高いシーズン(夏)に行くべきだ。

アマルフィについては、そもそもナポリから日帰りで行こうとしたのが間違いだったのだと思う。
レンタカーなど使わず、公共の乗り物で行こうとする場合はとりわけそうだ。
バスが来なかったのはなんでなんだろうか。。。
多分、本当に「書いてない」ので、バスが発着するたびに運転手に聞いてまわるか、本当に来なかったかのどちらかだ。

多分、アマルフィは、冬以外のシーズンにナポリから泊りがけでアマルフィやポジターノへ行くのが正しい。
そしてバスの運転手と周りの人に聞き込みをするのだ。

そういうアクションがおろそかになっていたのも、やっぱ疲労の蓄積で麻痺してたんだと思う。


駅前に帰ってきたした!
相変わらずゴチャゴチャ!


相変わらずな雨と、がっかり感。


そんなわけで、ナポリで2敗。
青の洞窟と、アマルフィ・・・ナポリはうまくいかない。
当初立てたイタリアでの予定は完全には成し遂げられない状態となった。


- 次回
バーリへ移動、さらにアルベルベッロ



イタリアの写真集はこちらをご覧ください。

- 使い方
画面右の矢印(next)をクリックすると、次の写真が表示されます。
画面したのAuto Playをクリックするとスライドショーとなります。



JUGEMテーマ:海外旅行 総合

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram チェック
  • 2019.04.23 Tuesday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

ブログランキング参加中

日本ブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

人気ブログランキング


selected entries

categories

archives

recent comment

  • 九龍城砦と啓徳空港跡を見に行く - 香港
    しげきち (07/18)
  • 九龍城砦と啓徳空港跡を見に行く - 香港
    たまご (07/18)
  • チェルノブイリで暮らす農家を訪問 - チェルノブイリツアー
    しげきち (06/19)
  • チェルノブイリで暮らす農家を訪問 - チェルノブイリツアー
    まー坊 (06/18)
  • フィゲラスのダリ美術館 - 再びスペインへ
    しげきち (03/04)
  • フィゲラスのダリ美術館 - 再びスペインへ
    ダリ美術館 (03/04)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    しげきち (03/04)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    タフイツ (03/03)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    しげきち (03/01)
  • モロッコ編65. 買い物天国:タルーダント - 究極の絨毯を買い占めろ
    タフイツ (03/01)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM